蝦子麺XO醤合え:食べるラー油とのコラボ

たった5分で香港本場の味を再現!

香港で買ってきたエビの子を麺に練りこんだ「蝦子麺」(乾麺)を美味しく食べるために、美味しそうなXO醤を仕入れた。中華レストラン、代官山「花壇」でランチを食べたとき、自家製のXO醤が使われていて、ホタテ・干しエビとすばらしい香りだったので、家にある「蝦子麺」で簡単合え麺を思いついた。

rayu1.jpg

そして「花壇」で買ってきた自宅用XO醤。冷蔵庫で保管、3日以内に消費してくださいと・・・自家製だから、日持ちしないのも返って安心だ。

さっそく、わけぎを輪切りにし、XO醤をボールへ。

xojan.jpg

XO醤には元々塩気があるので、加減しながら、お好みで塩コショウ少々、オイスターソース少々、フィッシュソース数滴。よく掻き混ぜる。それだけ。

途中乾麺を箸でほぐしながら、たっぷり目の湯で4分茹でる。

茹で上がったらザルでよーく湯きりをし、先ほどのボールに投入→良く合える。

rayu2.jpg

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油をトッピングで、「蝦子麺のXO醤合え」with辛そうで辛くない少し辛いラー油のコラボ完成!

麺に練りこまれた蝦子の香りとXO醤、合わない訳がない。

ラー油もアクセントに効いてます♪

xojan1.jpg

楽天市場で入手できる蝦子麺

代官山「花壇」の自家製のXO醤

商品名:XO醤
原材料:干し貝柱・干し海老・大豆油・香味野菜
香辛料・食塩・ブランデー