香港B級グルメ:粥専門店「妹記生滾粥品」

魚スープのコクのあるお粥で有名な「妹記生滾粥品」。女人街マーケットのすぐそばで、大きな市場の上の階にあるフードコート内の1軒だから、一人旅でも気軽に入れる。

そして香港女子的裏グルメでも紹介されていた「生魚皮(サンユゥペイ)」は、かなりのB級だがコリコリと歯ごたえが美味しい♪

CA390838.jpg

漢字の通り、生魚の皮。。。本によれば、「ボラ系の魚の皮を湯引きしたもの」とあり珍しい一品のようだ。粥より「生魚皮(サンユゥペイ)」が目当て(笑)

写真の左上の小皿に盛られているのが、生魚皮。ねぎとショウガがトッピングされていて、しょうゆ系のタレがかかっています。さっぱりしてて、コリコリうま~い。

粥は「魚片粥(ユゥピンジョ)」をオーダー。これまた漢字通り、魚のスライスが入っている。

粥はどこもそうだけど、ボリュームがあるので最初は「フゥーフゥー、アチチ・・・」でとっても美味しいと思うんだけど、だんだん飽きてくる(笑)

飽きてくるとこの魚スープで煮込まれた粥が、なんだか冷えてきたのと同時に魚臭く感じることも。

わたしは美味しくいただきましたが、魚が苦手なひとはお肉系の粥がおすすめですよ!

お店のひとも親切だったし、また香港に行ったらぜったい「生魚皮」リピ間違いなしっ。

 

エリア:旺角駅下車すぐ。MTR地下鉄から来るなら、改札出て地図を確認したら「花園街市」という4階建て市場のビルが目印。

この市場は早朝から住民たちの買い物でにぎわっています。時間があれば市場見物も面白いよ。わたしは、ちなみに帰国する日の早朝、食材のお土産を買いに、もう一度足を運びました。