「酸ヶ湯温泉」プチ湯治2泊3日の一人旅<3日目>

行きに寄った青森駅から程近くの食堂「おさない」ではホタテフライ定食にがっかり。帰りは海鮮モノで青森のイメージをリベンジすべく寿司屋などを探し、ふらふらしていたら小さな食堂?らしきお店が目に入りました。

埼玉屋食堂

ここは青森駅ですが、埼玉屋です。

何気なく近づいてみると、小さなお店の中にはお客さんがいっぱい。Menuも「うにいくら丼」とか読めるし、ちょうど1人がお勘定の最中で出てくる感じだったので、ちょっと勇気を出して入ってみました。

くどいようですが、もう一度言います。

かなり小さい古い作りの食堂です。女性一人は結構勇気がいると思います・・・わたしは平気ですが(笑)

埼玉屋食堂(青森駅)

いくら丼を食べていた隣の男性。かなり満足そうですshine

わたしも「いくら丼ミニ500円」を頼みました。ワンコインです。

この「いくら丼」、すごーく美味しい。プッチプチで、余りにも新鮮で弾力がありすぎ・・・思わず口から一粒飛び出てしまい・・・お盆の上をコロコロっと転がっていきました。

刻み海苔との相性は最高ですね。お味噌汁と漬物がサービスでつきます。ワンコインでこれはCP高めです。

小皿のお惣菜は、その日のMenuから100円~200円程で単品注文できるのも、うれしい。おばさんが2名、手作りしている感じでした。

青森駅に行ったら、また行きたい食堂です。

でも、本当に小さい食堂で、6席ほどしかないから大勢で行くところではありません。ささっと食べて帰る長居無用な食堂でよろしければ、おすすめですよhappy01

関連ランキング:定食・食堂 | 青森駅